たるみ毛穴日記

たるみ毛穴、ちりめん皺、くすみに悩む33歳

【30代のメイク①】鼻と頬の毛穴を目立たせないベースメイクのやり方

Sponsored Link

☑️こんな方におすすめ

・頬のたるみによる毛穴が目立つ
・ファンデーションで鼻の角栓が溜まってザラつく
・凸凹しているニキビ跡がある
・メイク崩れしやすい

f:id:macromake:20181003183151j:plain

今回は、毛穴を目立たせない日常メイクと、ツルッと凸凹を消し去る特別な日やお出掛け用メイクの2パターンをご紹介します。


☑️早速、3つのポイント!

・毛穴を埋めない
・毛穴の気になる箇所にはファンデーションを塗らない
・テカり防止下地を仕上げに使う


詳しくは、記事の中で書いていこうと思います!
長文になるので、目次の気になる項目をクリックしてご覧下さい。

※肌を接写で撮った写真が記事にあるのでご注意ください※個人の感想です


☑️毛穴カバー日常メイク

・乾燥せず肌への負担が少ない
・仕事や普段のメイクにおすすめ
・崩れ方が綺麗で、メイク直しがしやすい


① 毛穴を目立たせてしまうベースメイクとは?

『毛穴を隠したい!』と厚化粧をすると、逆に毛穴が目立ったり、毛穴落ちした経験はありませんか?
原因は、毛穴の角栓やたるみより、使っているベースメイク用品にあるかもしれません!


☑️毛穴を目立たせてしまうベースメイク

・白くて毛穴に溜まるタイプのコントローラカラー
・粗いパールやラメが入っている化粧下地(特にシルバーラメ)

・埋め込むタイプの毛穴カバー下地(鼻の角栓が出来やすい)
・硬いテクスチャーのコンシーラー

・カバー力のあるタイプのクリームファンデーション、リキッドファンデーション、BBクリーム


白くならない日焼け止めや、毛穴に引っ掛かりにくい みずみずしいメイクベースであれば、毛穴に溜まりにくいと思います。

② 大人の毛穴には、ファンデを塗らない!

「毛穴が気になるから、ファンデーションを塗らないと不安…」と、思う方もいるかもしれませんが、ハリの無い涙型の毛穴で悩んでいる方には、おすすめの方法です。


▼毛穴が目立ちやすい赤色の箇所には、塗らずに鼻筋等にファンデーションやコンシーラーを塗っています。
f:id:macromake:20181001210905j:plain


③ 小鼻の横は、薄くカバー

▼小鼻の真横の赤みやくすみ、ほうれい線が気になる方は、三角やハウス型のメイクスポンジの角を使うと、塗りやすいです。
f:id:macromake:20181001210946j:plain


④ 毛穴対策用フェイスパウダー

☑️毛穴が気になる方向けのパウダー選び

・パールやラメが入っていないタイプ
・粉が細かい

・色が付かないクリアか、白色
・ルースパウダーよりプレストパウダーがおすすめ


ルースパウダーでもいいのですが、プレストパウダーの方が、量の調節がしやすく余分な粉が毛穴に残りにくいと思います。


ルースパウダーを使う時は、よくパフで馴染ませるか、最後にブラシで余分な粉を落としています。

⑤ パウダーをブラシで仕上げる

乾燥しやすい目元や口元を避けてフェイスパウダーで仕上げます。


▼使っても全然無くならなくて、ケースが古いですが…カネボウ化粧品のミラノコレクションを使用しています。
f:id:macromake:20181003183217j:plain

パウダーを付けるのにパフでもいいのですが、ブラシの方が余分な粉を落としやすくメイク崩れしにくいように感じます。


大きめのブラシの先端でパウダーを少量取り、毛穴が気になる箇所を色んな角度からブラシを立てながら、円を描くようにクルクル。


完全に毛穴が消えるわけではありませんが、これだけで気にならなくなると思います。
f:id:macromake:20181003233349j:plain

下地や日焼け止めの後に色がほぼ付いていないパウダーのみで仕上げるので、アイメイク等がナチュラルメイクの方におすすめです。


☑️陶器肌!毛穴レスメイク

・毛穴が無い陶器肌に
・とにかくテカらない
・しっかりカバーするのに、バリバリに固まらない
・たるみ(帯状)毛穴も無かったことに!


① 日常メイクとの違い

毛穴が目立つ箇所にファンデーションを塗らないのは、先にご紹介したメイク方法と同じです。


▼もし、ファンデーションを顔全体に塗る場合は、弾力のある水ありのメイクスポンジ(チャスティミニメイクアップスポンジがおすすめ)で、よく馴染ませて下さい。
f:id:macromake:20181003203702j:plain


これからご紹介するメイク法は、長時間メイク崩れしにくく、毛穴カバーしてくれますが、日常メイクに比べて乾燥しやすく肌への負担を考えると、特別な日やお出掛け用メイクにした方が良さそうです。

② フラットスキンメーカー、オイルブロックベースで毛穴が消える!?

☑️使用するもの

・インテグレート フラットスキンメーカー又は、エテュセ オイルブロックベース
・メイクスポンジ

f:id:macromake:20181003183247j:plain

資生堂インテグレート フラットスキンメーカー(期間限定発売)とエテュセ オイルブロックベースは、パウダーが入っている液体状の化粧下地。
水分が蒸発すると、きめ細かいパウダーのみが残り毛穴をギュッと引き締めます。

www.keananikki.com

▼フラットスキンメーカーか、オイルブロックベースを置くように付けます。この時点では、伸ばしません。
f:id:macromake:20181003232957j:plain

※ムラになりやすかったら、メイクスポンジに少量出して付けても良いです。


▼横にスライドさせず、力を入れずにトントンとメイクスポンジ(ここでは水なし)で、広げていきます。
※乾きやすいので手早く馴染ませます
f:id:macromake:20181003233302j:plain

乾くと白くなり、量が多いとスジになるので、少量ずつ出しては広げを繰り返し重ねると失敗しにいです。


テカりにくく、毛穴が見えなくなりますが、とても乾燥しやすいので、シワが気になる目元や口元には、使用しない方がいいです。

③ フェイスパウダーで馴染ませる

フラットスキンメーカーとオイルブロックベースは、乾くと塗った箇所のみ白くなりやすいので、顔全体にフワッとフェイスパウダーを乗せて、ブラシで境目を馴染ませます。


▼メイク後がこちら。頬の毛穴もカバー出来ています!
f:id:macromake:20181003233420j:plain
※効果には個人差があります


30代になり、頬にあるオレンジのような涙型の毛穴が増えてきて悩んでいましたが、このメイク方法で気にならなくなってきました。
またシワやシミカバーメイクについては、別の記事でまとめたいと思います。


長文でしたが、最後までお読みいただきありがとうございました!


▼あなたにおすすめの記事
www.keananikki.com